ZEHへの取り組み

ZEHへの取り組み

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略で、年間の1次エネルギー消費量がネットでゼロとなる住宅のことです。

消費電力のムダを省く「省エネ」と、太陽光発電などでエネルギーを創り出す「創エネ」、また、エネルギーの状態を見ることができる「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」を組み合わせて活用します。

政府は「2020年までにZEHを標準的な住宅にする」という目標を発表しています。
当社も受注する新築住宅・リフォームにおいて2020年度までにZEH及びNearlyZEHの割合が50%以上となることを目標とし、地域の省エネルギー化に貢献できるよう、積極的に取り組んで参ります。

  • 平成28年度目標・・・10%
  • 平成29年度目標・・・20%
  • 平成30年度目標・・・30%
  • 平成31年度目標・・・40%
  • 平成32年度目標・・・50%

ZEHの家を建てる4つのポイント

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)はスマートハウス同様、ムダを省く「省エネ」、太陽光発電などでエネルギーをつくる「創エネ」と、蓄電池に貯める「蓄エネ」、エネルギーの状態を見えるようにする「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」を組み合わせて活用します。ただしスマートハウスと違うのは、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は先述のように1年間の消費エネルギー ≦ 創エネルギーになる住宅を指します。それだけ創エネルギー量が大きい、または省エネ性が高いといえます。

省エネ

断熱・気密性能・通風採光性を高め、室内温度を年中快適に保つことで、エアコンの使用頻度を低減。また、最新省エネ機器などの導入により、無駄なエネルギー消費を抑制します。

創エネ

自然エネルギーを利用し、環境負荷が低い特性を持つ太陽光発電システムや家庭用燃料電池(エネファーム)などでエネルギーをつくります。創エネ機器や自治体によっては補助金があります。

蓄エネ

太陽光発電でつくった電力や、割安な深夜電力を蓄電池などに貯めておけば、消費電力の多い日中などに使うことができます。最近は電気自動車などを蓄電池の代わりに利用することもできます。

HEMSHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)

家庭で電気を「創る」「蓄える」「賢く上手に使う」ために電気機器をネットワーク上で管理、リアルタイムで利用状況を把握・コントロールするエネルギー管理システムのことです。

ZEHには補助金が交付されます

新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。2012年から開始し、これまで約8500組※1のお客様が補助金を受けZEH仕様を導入しています。 これからのお住まいのスタンダードをおトクに叶えられるチャンスです。※1 経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より。
※2 平成28年度(2016年度)「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業」の補助金です。
※3 上限50万円、または蓄電システムの価格の1/3のいずれか低い金額。

ZEHへの取り組み、補助金など関してご不明な点がございましたら、当社までお気軽にお問合せ下さい。
注)掲載されている情報は発信時点の情報であり、最新の情報と異なる場合があります。


Top