暮らしのこころブログ


子供が生まれる・生まれたからそろそろマイホームを建てたい!と考えている子育て世代のパパ・ママも多いのではないでしょうか。とはいえ、ずっと住むマイホームだからこそ、子供が成長する過程でも大満足のマイホームを建てたいですよね。今日は、子育て中の方に読んでもらいたい、マイホームの収納と間取りのお話です。

大前提は「子供にいつでも目の届く間取り」

子供がいる家庭で、マイホームの間取りを考える時に大前提が「子供の目が届く」という事です。

具体的に挙げると、家族全員の集まるリビングなら、お母さんが家事(料理)をしながらもリビングの子供の様子が見られる対面式のキッチンにする、子供部屋はリビングを通らなければ行けない構造にする、などです。ですので、1階にリビング、2階に寝室や子供部屋のある間取りなら、近年ならリビングの中央に階段を配置する間取りを選択する方も多くなりました。

成長に合わせて仕切れる間取りと収納

子供部屋を作るにしても、小さい頃は共有にしていても、成長するにつれて「個室が欲しい!」と言い出す可能性が高いです。これに対応できるように、あらかじめ子供部屋の間取りスペースは広く取っておき、成長に合わせて中央に間仕切りをつける、場合によってはリフォームができる様にしておくと良いでしょう。

それなら、あらかじめ子供ひとりずつの個室を与えておけばよいのでは?と思うかもしれませんが、兄弟のいる子供の場合、なかなかひとりきりの個室では眠れなかったり、寂しくなったりしてしまいます。ですので、最初は兄弟で一緒の部屋が良い!というパターンが多いのです。

子供がいると忘れてはいけないのが収納です。特に兄弟がいる場合にはおさがりにまわしたい、など収納する衣類も倍になります。とはいえ、収納が表に出ているとインテリアに影響しますので、階段下などデッドスペースを上手に使える、「隠せる収納」を活用すると良いでしょう。

まとめ

子供がいる家庭の間取りや収納は、これから成長する子供たちに合わせて、フレキシブルなものにすると、後から悩む事もありませんよ。