お客様の声

ずっと一緒にいたくなる、
カッコかわいいmamanのお家。

いつかは自分たちの家 を持ちたい。
でも実家はそれなりに居心地いいし♪ なかなか腰があがらないな~。

そんなこと言ってる間にも税金も上がるし、子どもたちも大きくなってきたし・・・。そんな訳で真剣に家づくりを考え始めて展示場へ行ったり、ハウスメーカーを回ったりしたけど、でも行けば行くほど訳がわからなくなってきて・・・(-_-;

 

こんな家いいよなぁ と想っても、値段的にちょっと無理だったり、いくら価格が安くても理想とかけ離れた家で、これで仕方ないかと妥協してしまうのもイヤだしなぁ~。

“想ほーむ・北山建築”のチラシを手にしたのもその頃。
「木のぬくもりのあるカフェのようなお家」の見学会、これ、いいよね。行ってみようか(*^_^*)」と玉城町の完成見学会にお越しいただいたのが“想ほーむ・北山建築”との最初出会いです。

それから「資金セミナー」に参加。最初に大切なお金の話を、ふたりでじっくりと勉強。それから毎月の「完成見学会」にも何度もご来場いただきました。やっぱり実際のお家を見るのは一番勉強になりますよね。

 

でも旦那様は 土日に休むことは、ほぼ無理、セミナーや見学会にはなかなか参加できません (-_-;)

そこで個別で、大切な“資金の話”や“家づくりの順序”“性能や現場”のことなどを詳しくお話しました。セミナーの時は、いろんなご家族が参加されるので一般的なお話しか出来ませんが、個別の際には、T様家の家計なら実際どうなるか?・・・と詳しくお話をしました。

誰でも「こんな筈じゃなかった」と後悔するのはイヤですよね、だって高い買い物ですから。しっかりと準備、納得してから家づくりを始めたいですね。

そんな風にして私たちとのお付き合いが始まり、会社の雰囲気やスタッフの人柄を気入ったこと、そして第三者的な立場で、メリットもデメリットも話をしてくれること、「この会社なら、この人なら安心してまかせられる!」と想って。
“想ほーむ・北山建築”との家づくりを選んでいただきました。

 

建築中の家を見に行くたびに 少しずつ出来上がっていくのが嬉しくて・・・。とっても楽しい幸せな時間でした。

上棟式の前日まで雨続き、当日もとても不安でしたが、無事晴れてホッとしたのを覚えています。上棟式では、スタッフのみなさまを始め、自分の家づくりに携わる業者さん「想由会」のみなさまからとても丁寧なご挨拶をいただいたことが、すごく心に残っています。(*^_^*)

また家づくりにも積極的に参加。2Fの子ども部屋の壁をスタッフと自分たちの手で、ひとつは“青”にひとつは“黄色”に塗りました。「初めての経験だったので、すごく楽しかった!とても暑くて大変でしたが、いい想い出です」!(^^)!

 

さてさて完成した 奥様の大好きなママンのお家は。。。

外観はスッキリとシンプル、緑色のガルバの片流れの屋根、ママンといっても、外観は“ちょっとカッコいいママン”オフホワイトの塗りの壁にアールの玄関ポーチ&木調のドア、1年近く経った玄関回りは、植栽もグングン育って一面、緑に。ウッドデッキの前の芝生もきれいにお手入れされていました。

デザインももちろん気になりますが何よりこだわったのは「毎日の住みやすさ♪や使いやすさ♪」ママは毎日、元気のいい三兄弟との戦い?でクタクタ、そういえばもう、夏休みですよね(^_^;)うう~ん、大変そう。。。

 

そこでまずは家事の移動 をスムーズに、グルグルまわれる家事動線! 玄関を入って、目に入るのは“ウエスタンドア” 買い物やお出掛けから帰ってくると、荷物いっぱいで両手がふさがってること多いですよね。

玄関収納に手を使わなくてもスルーできる “ウエスタンドア”を付けました。目隠し代わりにもなりますし、いい感じ(^_-)-☆

買い出した荷物は、キッチン横の大きなパントリーへ直行。キッチン後ろの壁には見せる収納、棚をつくってちょっぴりCaféを想わせるそんなキッチン、細々としたキッチン用品や食器やキレイに片付けられています。

その横に広い洗面&脱衣スペース、造り付けの大きな洗面台はハンドメイドの白いタイルを貼ってちょっと大人の雰囲気。

2Fにも、ひとまわり小ぶりの同じような造り付けの洗面台。朝の忙しい時間、みんなが使えるように。最近の男子、おしゃれですもんね。(*^_^*)

 

キッチンから ウッドデッキのある物干しスペースは直結!!
「これは、超~~便利!軒があるので雨も気にならないし」ウッドデッキは、リビングまでつながっているので広いリビングがいっそう広く感じます。

リビングには造り付けの大きなTVボード。小上がりの畳スペースは少し間仕切りを設けて、オープン過ぎない空間に。

また小上がりは、腰掛けるのにちょうどいい高さで、その高さを利用して引き出し収納をつくりました。引き出しの中には、兄弟の本やおもちゃが見えました。

 

キッチンや和室の壁 に無垢の木を貼って、木の肌合いを残して白く塗りました。白を基調とした部屋の中は明るくて、それでいてとても落ち着きます。リビング入り口のドアは淡い緑色でちょっとしたアクセント、室内に置かれた観葉植物に癒されます。

「開放感を感じられる吹き抜けが欲しいな、室内は落ちついた濃いめの色合いがいいな・・・そう想ってたんですが・・・・」と旦那様。

超~~寒がりの奥様から「あったかい空気が上に上がるからダメ!部屋は明るくてナチュラルな雰囲気のほうがいい!」「と、僕の意見はいつの間にか却下されて・・・」とあえなく撃沈(-_-;)

「忙しくてあまり家に居ることもできないし、奥様の好きな方でいいかな」とやさしいお言葉。住み心地をたずねると、開口一番!
「あったか~い (*^。^*) 冬、とってもあったかいの」とほんとに嬉しそうな奥様でした。

 

おふたりとも 「あんまりこだわりなかったんです」と言いながら、お話を聴くと、出てくるわ出てくるわ、あちこちこだわり満載!!

住みやすさを考えて“収納”も至るところにしっかり造りました。寝室のウォークインクローゼットは、広くて使い勝手が良さそう♪「収納たくさん造ったのは、大正解!」と奥様

趣味はバイク、でもどちらかといえば休日は家でゆっくりしたい派の旦那様と家にいるのなんてもったいない!子どもたちやお友達と公園やランチにお出掛け派の奥様。話を聴いていると、実はおふたりは同級生。

紆余曲折はあれど、長~い長~いお付き合い、お互いツッコミ合いながらも息ピッタリ!!大変だけど楽しい家づくりを語って頂きました。快適性&デザイン性を両方兼ね備えたお家です。

ギャラリー