家づくり・暮らしコラム

マイホーム購入のための頭金はいくら払う?平均金額はいくら?

マイホームを購入する際、多くの場合で必要となる頭金。購入予定の住宅の価格の一部を現金で支払うのが一般的で、いよいよマイホーム購入が現実味を帯びてくる瞬間でもあります。

そこで知っておきたいのが頭金の平均金額。みんな平均でどの程度の頭金を支払ってマイホームを購入しているのか、目安にすることでマイホーム購入の予算も立てやすくなります。

憧れのマイホームを購入するため、どのくらいの頭金を払うのが平均的なのか?解説していきます。

マイホームを購入するために知っておきたい「頭金」に対する心構え

マイホームを購入するために必須なのが頭金の支払いです。

基本的にはマイホームのための貯金から頭金を支払う人が多いですが、バランスを考えないとその後の生活資金にも関わってくるなどかなり重要な項目でもあります。

頭金を多く支払うほどゆくゆくのローンの負担を減らすことができますが、実際にそれだけのお金を貯金するのも大変なこと。

少しでも頭金で将来を楽にしたいと頑張りすぎてマイホーム購入がしんどく感じてしまったという人もいます。

まずは、一般的に頭金がいくらくらいなのかを知って、それに向けて計画を立てるというのがマイホーム購入で躓かないための一歩でもあります。

ずばりマイホームの平均金額はこれくらい!

マイホームの頭金の平均金額を調査していくと、物件価格の2割程度が理想であるとの結果に。首都圏の土地付きの注文住宅で平均520万円、建売住宅で448万円、マンションで824万円とのデータが出ています。

全国的に見ていくと、土地付きの注文住宅ですと平均356万円、建売住宅が399万円、マンションが741万円と首都圏より1割ほど安いデータとなっています。

あくまでも平均金額ではありますが、一般的には2割程度の頭金を支払うのが理想といえるでしょう。

とはいえ、重要なのは頭金だけでなく、購入するマイホームの価格が自分の経済力と合っているかどうかということ。

その指標として頭金の平均金額を参考にするのは良いですね。

マイホームの頭金で不安なら住まいの専門家に相談しよう

頭金の平均金額で「これならいけるかも?」と思った方、「やっぱり無理かも…」と不安になった方それぞれいらっしゃると思います。

マイホームの購入は人生の中でもかなり大きい買い物になるため、頭金だけでも負担が大きく感じてしまうことも。

マイホーム購入で憂鬱にならないためには、不安なことが出てきたら専門家に相談してみるのも一つの解決方法です。専門家であれば、プロの視点から現状を踏まえて将来のことまでしっかりとアドバイスをしてくれます。

まとめ

マイホームの購入には頭金を含めてお金と覚悟が必要ですが、それを乗り越えて購入できたらきっと素晴らしいマイホームになるはずです。

そのためには、頭金の平均金額を参考にしっかりお金を貯金すること、自分の経済力に合ったマイホームを選ぶことが大切ですよ。

住宅の購入の総費用はどれぐらいかかるのか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

想ほーむ最新の話題をお届けします。