家づくり・暮らしコラム

住宅ローンの審査金利とは?

住居の利便性を高めるためには、いくら必要か?

住居とは、「住む場所」「暮らす場所」「寝る場所」「家族が団らんをする場所」様々な機能を有し、人生においても非常に大切な空間です。

例えば、地震に備えて耐震性を向上させたい。シックハウスなどのアレルギーの原因になるものは、使わない。老後の事や家族の事を考え、バリアフリーにしたい。家を建てる場合には様々な機能性、利便性について希望が出ます。

利便性を高め、住み心地の良い家にするために必要不可欠なのは資金です。そうなれば気になるのが、「自分の収入でどれだけの金額を借入する事ができるか?」でしょう。

住宅ローンの借入可能額は、返済負担率という割合によって決まります。
返済負担率とは、収入の中からどれぐらいの割合を、ローンの返済に回せるかという数字です。簡単に言うと年収500万円の人がローンの返済に年間100万円回せるならば、20パーセントとなります。

その返済負担率の計算に必要になるのが次に説明する「審査金利」です。

審査金利が分かると借入できる金額が分かる

住宅ローンのチラシ、パンフレットよく見てみると、借入を行った場合の金利が記載されています。しかし、ここでご紹介している「審査金利」は記載されていません。

借入の金利<審査金利

実際の借入の金利より審査金利の方が高くなっています。

審査金利とは、どれぐらいの住宅ローンが組めるか、返済負担率等に基づいて、銀行などの金融機関が審査する時に使う金利のことです。

要するに銀行などの金融機関が審査をする時に使うのが「審査金利」
実際に借入したときに適用される金利が「借入金利」です。

審査金利は、金融機関によって違うのですが、大体3~4%に設定されている事が多いです。

銀行などの金融機関がローン審査の時、利用者が希望する融資金額に対して審査金利を適用し、年間の返済額を計算します。
年間返済額が年収に占める比率が負担返済額の範囲に収まれば、ローン審査が通ると考えておけばよいでしょう。

計算式
融資希望額(円) ÷ 100万円 × 審査金利での100万円あたりの月返済額(円) × 12(ヶ月) = 年間返済可能額(円)

上記の計算式が分かれば、年収から、借入可能額を計算することもできます。

計算式
税込年収 × 返済負担率(%) - 他のローンの年間返済額 = 住宅ローンの年間返済可能額(円)
住宅ローンの年間返済可能額(円) ÷ 12(ヶ月) ÷ 審査金利での100万円あたりの月返済額(円) × 100万円 = 最大融資額(円)

上記の計算式は少し複雑ですので、別の記事で詳しくご紹介しますが、大雑把にどれぐらいの金額を借入する事ができるか分かれば、どれぐらいの広さや性能をもった住居を建てれるかが分かり、計画も立てやすくなります。

住宅ローンの「収入合算」ができる連帯債務と連帯保証の仕組み

希望する家の利便性に対して、どれぐらいの予算が必要かを相談する

借入できる額のシミュレーションの結果、自分が希望するすべての機能や利便性が叶うというのは、多くの場合難しいです。

どの機能を妥協すると、どれぐらいの金額が浮くか、これを知るとどの機能を諦め、どの機能に拘るのかが見えてきます。
それを知るには、できるだけ多くの建築会社から見積もりを取ることが必要不可欠です。

お気軽に弊社にお問い合わせ、資料請求して下さい。

「マイナス金利」が住宅ローン金利にどう作用するのか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

想ほーむ最新の話題をお届けします。