家づくり・暮らしコラム

想ほーむは木造にこだわっています。

安定性の高いベタ基礎や剛性を高める剛床工法、地震の揺れを抑える制震ダンパーなどを採用し、耐震性・耐久性に優れた家づくりを実現しています。これらにより、「耐震等級3」相当の耐力を確保しています。

コーナーハンチ付べた基礎

基礎立ち上がり部分から床下全面に配筋をし、厚さ 150mm の土間コンクリートを打つベタ基礎を標準としています。

建物には台風や地震によりねじれの力がかかり、このねじれを基礎は受け止めます。特に、基礎コーナー部は強い力を受けます。

基礎のコーナー部分にコーナーハンチ(三角)を造り基礎の剛性を高めています。

また、基礎パッキング工法を採用することで、人体に有害な薬剤等は使わずに、シロアリ被害を未然に防ぎます。ずっと過ごす場所だから、目に見えない場所でもなるべく人にやさしい素材を。

地域の杉とヒノキで作る、木造の家

想ほーむの家は昔ながらの「木造軸組工法」で大工の棟梁がつくる家です。

土台は、湿気や虫に強い桧材、柱は地元産の杉材を使っています。

剛床工法

土台を1m以内の格子状に組み、24mmの分厚い構造用合板を敷き詰めることで、土台や梁など家全体を一体化させる工法で地震による床のねじれやゆがみを水平剛性で抑えます。

また床を厚くすることで、床鳴りが発生しにくくなっています。

耐震構造

外周部の耐力壁には、高強度、防耐火、軽量、優れた透湿性、高耐久、ゼロアスベスト、低ホルムアルデヒドなど、多彩な特長を備えている面材を使用しています。地震の際には変形を抑え、面でおうちを支えます。

制震システム

地震エネルギーを吸収する制震ダンパー

繰り返しの地震に耐えるため制震ダンパーを標準採用しています。特殊粘弾性ゴムにより地震エネルギーを熱へ変換し、揺れを抑え、大切な家族の命を守ります。時間経過や温度による性能の変化が少ないため、メンテナンスがなくても、優れた効果を持続します。

※商品によっては一部異なる仕様がありますのでご了承ください。

詳細はスタッフまでお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

想ほーむ最新の話題をお届けします。