2020.03.11

パースを描く時に勉強になりそうな資料をまとめてみた。

吉本元気

松阪、伊勢、津で自由設計の家づくりおしゃれな注文住宅の工務店北山建築 想ほーむの 吉本 です

こんな定規が欲しい…

こんなヒトデみたいな定規があるんですね。
角度を決めておけば、立体パースが書きやすくなりそうです!

二点透視図法のパース図が驚くほど、早く描けそうなアイデア!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Perspective drawing with thin string:)

Reza Asgaripour(@architectdrw)がシェアした投稿 –

これまた、アイデアですね~!
伸びる紐をクリップとかで動かせば、定規いらずで二点透視図法が書けちゃいます。
これ考えた人天才!

ちょっとずつですが、こんなアイデアを取り入れながら、練習していきたいと思います。

この記事を書いたスタッフ

吉本元気

こんにちは!松阪っ子の吉本です!広報企画を担当しています!会社の認知拡大・ブランド力アップ。社内の業務支援や効率向上を支援しています。大学で英語、スペイン語を学び、スペインへ留学。
自分で言うのも何ですが趣味多彩!フォトグラファーや映像制作、デザイナー、マジシャン、音楽などをしています!

家づくり
無料相談会
毎日開催中!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら何でもご相談ください。