2019.07.02

建てる前に必ず行っておくべき「完成見学会」「構造見学会」

よく家の「完成見学会」とか「構造見学会」というものがしばしば開催されています。他にも完成後に入居された方の家を見学する、お家カフェのようなイベントもたまにありますが、こうした完成見学会のようなイベントは、新築で家を建てるのであれば是非行ってみてください。

完成見学会と構造見学会は、その会社が持つ本当の「施工力」を見られる機会

完成見学会で見るべき部分

完成見学会は前述したように、その家を購入された方がいて、実際に住む家となりますので、デザインや設備はもちろん確認しておきましょう。
デザインや設備以外にも案内のスタッフさん、その会社の姿勢、雰囲気も重要です。※
価格や素材などについて質問しつつ、そういったところに着目してみて、信頼できるかどうか、安心できるかを見極めてください。

構造見学会で見るべき部分

構造見学会は文字通り、家の構造を見るもので、建築中の現場を見る催しです。
家の骨組みを見れるため、じっくりと見学して、思いついたことがあればどんどん質問していってください。
構造ではなく、現場の様子を見るのも重要で、例えば材料や資材が散らかっていないか、敷地内がきれいかどうかももちろん見てください。
中には見学会を開いているのに、そういったことがおろそかになっているという所も、無きにしもあらずですので、欠かさずチェックしてください。
もし利用する予定のところで、構造見学会が無い場合は自分から建築中の現場に行けるか、見学できるかを尋ねてください。

施工力を見るためにも是非一度は見学することをお勧めします。

ちなみに、完成見学会でも構造見学会でも、基本的にはお子さんを連れて行っても大丈夫なことが多いです。ただし、キッズスペースに預けるとか、手を引いて見学するなどで安全に見ていくことが大切です。

完成見学会と構造見学会は、その会社が持つ本当の「施工力」を見られる機会ですので、開催されていれば是非参加してみてください。

北山建築編集部

新築からリフォーム/リノベーション、不動産のことまで、家づくりにまつわるお役立ち情報を発信していきます。

家づくり
無料相談会
毎日開催中!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら何でもご相談ください。